NEWS&BLOG

ケンチクオヤジ日記

ZAHA HADID

2016.04.01
カテゴリー:Blog タグ:

ZAHA_ドローイング今年に入って少し色々あってブログを休んでいました。春やし、さぁやるぞ。。。と思っていた矢先ザハ・ハディドの死亡のニュースが入りました。

ザハは2020年開催の東京オリンピックのメイン会場となる国立競技場の当初の設計者として日本で一般の人にも知名度を上げました。われわれのような設計に携わる者にとってはというよりは、わたしにとっては1983年に香港ピークというコンペで鮮烈なイメージを与えられました。学生時代だったので特にザハのスピード感に満ちたかっこいいドローイングは衝撃でした。その後も刺激的なプロジェクトを次々に発表しましたが、斬新すぎるデザイン故、なかなか建設される事に恵まれず「アンビルド・アーキテクト」になっていきます。でも20年ほど前から実現し出します。時代が(技術が)ようやくザハに追いついたのでしょうか。発表される作品は、どれもスピード感のある疾走感に満ちた魅力的なものです。2004年には女性として初めて建築界のノーベル賞ともよばれるプリツカー賞を受賞しました。

写真は香港ピークのドローイングです。30年以上前です。今見ても刺激的です。

 

pagetop