NEWS&BLOG

ケンチクオヤジ日記

KYOTO-1

2015.12.07
カテゴリー:Blog タグ:

京都工芸繊維大学先日の11月21日に母校の学科単位の同窓会ホームカミングデイに出席しました。毎年学祭の時期に合わせて開催しています。

私が卒業した住環境学科というのが15期生まででその後は造形工学科となっています。なのか結構住環境学科の結束があります。今年は、私達9期生が幹事の年なので色々みんなで手分けして準備をしました。この歳でこんな事もなかなかない事なので結構楽しんでやりました。

この学祭のイベントに先輩方や教授の講演があったりします。当日第1弾は、前田建設工業の設計統括部長というすごい肩書きの大先輩の講演を聞きました。対学生の内容だったのでゼネコンの事やこれからの設計という事についてなどの話だったのですが、なかなかこの歳で聞いても刺激的な内容でした。

印象に残った事だけ書きますが、1.設計ステージの多様化が進んでいる 2.一人では設計できない生産活動になっている 3.時代のスピードに合わせ、設計と施工を一括で発注するデザインビルドが増えている。こういう事は、国立競技場のゴタゴタの問題を見てもうーんと考えさせられるところです。     つづく

 

pagetop