NEWS&BLOG

ケンチクオヤジ日記

高齢者住宅セミナー

2014.11.03
カテゴリー:Blog タグ:

先日、パナソニック主催の高齢者住宅セミナーに行きました。最近は、いろいろなメーカーや会社がこれに類することをやっています。ただ単に商品の説明だけなら行かないのですが、メッセージという会社の代表の方のセミナーがあったので聞きに行きました。

メッセージという会社は、サービス付き高齢者向け住宅の供給戸数ではトップで、有料老人ホームでも供給戸数ナンバー2の企業です。

内容は、すごく興味深い事が多かったのですが、ひとつは、日本の介護施設や高齢者福祉施策は欧米に比べて20〜30年のおくれであること、そしてこの市場はまだまだ発展途上であることという内容でした。二つめには、メッセージなどの運営側からの視点の中にも「他との差別化」(サービスにおいて)があるという事。私は、設計者からの視点として、ハード(建物)における「他との差別化」という概念があります。同じ方向を向いているという事でうれしく思いました。

最後に、この企業が取り組み始めている「ジャパンケア事業」(定期巡回・随時対応サービス)です。内容は要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護を一体的に(または連携しながら)定期巡回訪問と随時の対応を行うというものです。やはり自分の家が一番いいという方々に向き合ったいいサービスのように感じました。

まだまだ勉強の必要な分野です。

pagetop