NEWS&BLOG

ケンチクオヤジ日記

ガウディと近代

2015.05.01
カテゴリー:Blog タグ:

本田先生先日の29日 兵庫県立美術館で開催されている「ガウディX井上雄彦」展の関連セミナーの「ガウディと近代」を聴きに行きました。その講師が、大学の友人の中ではカシコ組の一人である大阪工業大学の教授の本田くん。

100名の会場に120名ぐらいの人が聴きに来ていました。80分くらいスライドを使い喋りっぱなし。内容は、ガウディの建築を中世、装飾、自然、合理性という4つのフェーズで分析してチョット違うガウディ論を展開。他の教会建築と比較したり、アールヌーボーの有機的デザインを対峙させたり、コルビュジェの概念と関連させたりとかなり面白かった。

その後展覧会の方も見たのですが、ボク的にはガウディのドローイングが良かった。図面って当然昔は手で描いてて、今はキャドというコンピューターで描くんですが、なぜか良く描かれた手描きの図面ってホォ〜て感じになる。そして、井上氏の絵がこれがまたスゴかった。一見の価値アリ!手描きバンザイってことか。

pagetop